性病感染の特徴

電池のような薬

まずはクラミジアやヘルペスといった性病そのものについて知っておきましょう。
性病の種類は多いものの、ほとんどが性行為をきっかけに感染・発症する病気です。
性病対策が不十分だった場合や、不特定多数とのセックスを繰り返した場合などに感染しやすくなっています。
加えて最近ではオーラルセックスなどによって、性器から口へと感染するということも判明しています。
アダルトビデオや風俗などで頻繁におこなわれるオーラルセックスですが、こちらも充分に性病感染の可能性があるので、無闇にすることは避けた方がいいのかもしれませんね。
また、トリコモナスのようにトイレや浴室などから感染することがある性病にも注意が必要です。

数多く存在する性病の種類の中でも特に感染報告が多いのが、冒頭でもあげたクラミジアやヘルペスです。
性病の種類によって、その症状は異なりますが、性器やその感染部位周辺に異変が起きるという点ではどれも似ています。
痒みであったり痛みであったりと、症状はさまざまですので少しでも何か異変があれば迅速に医療機関に行き、医師に相談すべきでしょう。
クラミジアなどの性病は早期発見が難しいことでも有名です。
その大きな理由が感染時に症状が見られないことと、潜伏期間という期間の存在です。
風邪の場合、ひき始めに体のだるさであったり関節痛であったりと、なんらかの初期症状が見られます。
性病の場合、初期症状がわかりにくく、なんの知識もなければ判断をつけられないものばかりです。
また、感染してから発症までに潜伏期間というものがあり、この期間中、症状はほとんど起きません。
これは性病の種類問わず共通して言えることですので、細心の注意と最低限の知識を持っておくことをおすすめします。